検索

My Open Journal

ホテリエの妻の記録

カテゴリー

ホテル

Raffles Hotel Wine, Food & Arts Experience

ラッフルズホテルの大きなイベントのひとつとして”Raffles Hotel Wine, Food & Arts Experience”という食のイベントが毎年開催されていました。残念ながら現在は行われていないようですが、2009年第14回〜2011年第16回のイベントに夫が携わることになり、私もいくつかのプログラムに出席させていただくことができました。

海外から有名なミシュランシェフを招待し、フランスから有名ワインメーカーなども招待されます。イベントは5日間にかけて開催され、それぞれのミシュランシェフの手がけたランチやディナーがビンテージワインやシャンパンと共に振る舞われ、ガラディナー、最終日にはブランチで締めくくられました。イベントの名の通り、最高級のワインやアートのような美しい料理が堪能できるイベントでした。

2010年に開催された”Raffles Hotel Wine, Food & Arts Experience”には、日本、フランス、香港からのミシュランシェフが招待されました。 “Raffles Hotel Wine, Food & Arts Experience” の続きを読む

“Mother’s Day Brunch”のいろいろ in Singapore

先日、シンガポールで満喫できるサンデーブランチを紹介しましたが、シンガポールに限らず、ホテルではシーズンやイベントごとに、お得なフードプロモーションが開催されます。

特にビュッフェが大人気のシンガポールでは、ホテルがいかに素晴らしいランチ/ディナービュッフェ、またはサンデーブランチを開催するかによって、ホテルのステータスが決まると言っても過言ではないほど、ホテルにとって大きなイベントの一つとなっています。

旬の食材を活かしたビュッフェやハイティー、有名シェフを招待して、シャンパンやヴィンテージワインとのコラボや、母の日、クリスマス、イースター、バレンタインデーなど一年を通して様々なテーマのビュッフェが開催されます。

普段ホテルであまり食事をする機会がない方も、特別なイベントのビュッフェランチやディナーは、通常よりもお得な料金設定になっているのでオススメです!

シーズンによってビュッフェのテーマは様々ですが、今日は”Mother’s Day Brunch”についてご紹介しましょう。

毎年5月の母の日には、数え切れないほどのホテルやレストランで、シャンパン付きのもの、お花のプレゼント、宿泊とセットのお得な料金設定を組まれたものなど、独自の趣向を凝らしたフードプロモーションが開催されます。 ““Mother’s Day Brunch”のいろいろ in Singapore” の続きを読む

“ティフィンルーム”@ラッフルズホテルシンガポール Prt.3

今日はラッフルズホテルのロビー階にある、”ティフィンルーム”で行われている、北インド料理のビュッフェの様子をご紹介したいと思います。

“ティフィン”の名前は、インドのパックランチとして、カレーやご飯、野菜などを入れていた金属製の容器の名前”ティフィン”から来ています。1892年にアルメニア人のサーキース兄弟がラッフルズプレイスに”ティフィンルーム”としてレストランを開業し、1910年にラッフルズホテル内へ移転しました。

この伝統ある北インド料理のビュッフェは、観光客だけではなく、シンガポールの人々にもとても人気です。 ““ティフィンルーム”@ラッフルズホテルシンガポール Prt.3″ の続きを読む

ラッフルズホテルシンガポール “Home away from home” Prt.2

皆さまこんにちは。前回のラッフルズホテルシンガポールの記事が、去年11月にブログを始めて以来、最高のアクセス数をいただきました。そして国別アクセス数を見ると、シンガポールからのアクセスが最多でした。シンガポールからの読者の皆さまありがとうございます。もちろん他国からの読者の皆さまもありがとうございます。

前回に引き続き、ラッフルズホテルについてご紹介したいと思います。 ラッフルズホテルに宿泊された方は、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ホテルの2階には、”ホールオブフェーム”と呼ばれ、ラッフルズホテルに宿泊された各国の著名人の写真を飾っている廊下があります。 “ラッフルズホテルシンガポール “Home away from home” Prt.2″ の続きを読む

ラッフルズホテルシンガポール ”Home away from home…”

みなさん、お久しぶりです。”ゴールデンランド”ミャンマーへやって来ました。

スペインを出発し、イスタンブール経由でシンガポールへ行き、4日間ほど滞在した後、ヤンゴンへ出発。 空港にホテルの方が迎えに来てくださり、約45分ほどでホテルへ到着。以前なら30分ほどで着いたのが、今では交通渋滞の状況によって45分から1時間もかかることがあるそうです。

ヤンゴンはやはり暑いです。シンガポールほどの湿度は感じませんが、外は気温37度。ヤンゴンについては、また後日ゆっくりとご紹介していくとして、今日はシンガポール滞在の様子をご紹介したいと思います。

沖縄へ引っ越す以前はシンガポールに2年半ほど住んでいた私たち。今回の旅行のために、食べたいもの、買いたいものリストを作ったほど楽しみにしていました。娘は当時6−7歳だったにもかかわらず、いまだに今まで住んだ中でシンガポールが一番だと言います。

夫の勤務先がシンガポールに本社を置くパンパシフィックホテルグループのため、滞在はビーチロードにあるパンパシフィックサービススイート。長期滞在者向けにキッチンなども備わったホテルです。 “ラッフルズホテルシンガポール ”Home away from home…”” の続きを読む

WordPress.com Blog.

稼働中 ↑