シンガポールのラッフルズホテルで、2009年に開催された”Raffles Hotel Wine, Food & Arts Experience”について紹介してきましたが、今日は最終日のブランチの様子をご紹介したいと思います。日本、フランス、香港から迎えたミシュランシェフのディナーの様子はPrt.1, Prt. 2, Prt. 3の記事からご覧ください。

ブランチビュッフェはラッフルズホテルのロビー全体を使い、ビュッフェテーブルも華やかに飾られ、大勢の方々で賑わいました。

何よりも通常のブランチと大きく違った点は、通常のステーション以外に、ミシュランシェフが目の前で料理をしその場で頂けるという点です。

世界で活躍するシェフたちと会話ができるなんて、こういうイベントならではの醍醐味ですね。(残念ながら岸田シェフは最終日は参加できずいらっしゃいませんでした)

フランス人ミシュランシェフHaeberlin氏はバーガンディー伝統料理をもとにしたポーチドエッグと赤ワインソースを使った一品。

香港ミシュランシェフLeung氏は、ブラックトリュフやフォアグラなどを使った飲茶メニュー。

そしてラッフルズグリルのシェフDenis Groison氏によるホワイトアスパラガスと白トリュフがのったポーチドエッグ。

100131APRK-RHWFAE-brunch-179

デザートステーション付近は、本物のチョコレートで作られたこんなオブジェも飾られていました。

氷で作られたオイスターステーション。

100131APRK-RHWFAE-brunch-165

最終日も多くの方々で賑わった”Raffles Hotel Wine, Food & Arts Experience”のブランチ。まだまだ写真があるので、各ステーションの様子は次回ご紹介したいと思います。

Amebaの運営する女性情報サイトby.sの公式ライターをしています。今回は”魔法の靴”と言われるジミー·チュウの素敵なプレフォール、秋冬コレクションを紹介しています。もし良かったらこちらも覗いてみてください。

ワンランク上の女性になれるJimmy Choo(ジミー·チュウ)の”魔法の靴”

Screen Shot 2015-07-01 at 15.27.34