スペインの食習慣については以前にも触れましたが、基本的にスペインの人々は1日5回食事をします。そしてランチとディナーの間の食事を”メリエンダ”と呼んでいますが、このハイティーはまさにスペインではメリエンダにあたります。

今回は、娘と二人でKempinski Hotel Bahiaのメリエンダを食べに行ってきました。

L1030734L1030733一般的なハイティーではスコーンやサンドイッチですが、Kempinski Hotel Bahiaでは、プティフールの他に、スペイン流にトーストの上にトマトを塗りつけ生ハムをのせたものや、トーストにパテ、スペインで有名なマンチェゴチーズを羊羹のような花梨ジャムで挟んだものがありました。スペインへ来て初めて食べましたが、このマンチェゴチーズと花梨ジャムの相性は抜群です!L1030736

L1030740

L1030739濃厚なチョコレートクリームの上に少しシーソルトがのったプティフールは、お勧めです。

L1030735娘と二人であっという間に食べきってしまい、それでもまだ下段部分だけ食べたくなったので再度注文すると、こんなに持ってきてくれました。どれも一口サイズなのでパクパク進んでしまい、ある意味危険です。

L1030744

L1030742シンガポールのハイティーも好きでしたが、スペインのハイティーも十分に楽しみました。各国によってスタイルの違ったハイティーが楽しめるのはいいですね。メリエンダは毎日、Kempinski Hotel Bahiaのロビーラウンジで16:30から18:30まで行われています。

食べて、食べて、また食べて、それでもまだ食べ続けている私です… でも運動は怠らず、ジョギングや加圧トレーニングも頑張っています。ただ私の場合、痩せる目的ではなく、罪悪感を感じずに食べるための運動…かな。

最後まで読んでいただきありがとうございます。ランキングに参加しているので、良かったら画像をクリックお願いします。

L1010523
“Gracias…”