チョコレート好きの方にお勧めしたい、ドイツのチョコレートメーカー”Hachez”が経営するハンブルクのチョコレート博物館Chocoversum by Hachez 。ガイド付きの体験型ツアーで、カカオ豆からチョコレートになるまでの過程を見学できます。

約1時間半ほどのツアー。予約制になっており、数人のグループに分かれて見学します。私たちは英語のツアーに参加しました。実際に本物のカカオの実を触らせてもらったり、カカオ豆も試食させてくれました。ハッキリ言って苦いです。何人か飲み込まずティッシュに吐き出している人もいました。ライチのようなぬめりがあって、まさかこんな物がチョコレートになるとは、想像もできません。

カカオ豆が収穫されてからの輸送経路を説明してくれたり、実物大のコンテナが展示されていたり、実際に使用されていた製造機を使って、ツアーガイドさんが製造過程も全て教えてくれます。ローストされた後のカカオ豆の試食や、工程順にチョコレートを何度も試食させてくれました。

写真のガラスチューブには、ミルクチョコレートやビターチョコレート、ホワイトチョコレートのカカオ豆、カカオバター、砂糖などの配分がわかるように展示されていました。

そして、このツアーの一番の楽しみは、自由にトッピングしてオリジナルチョコレートを作ること!型に流し込まれたチョコレートの上に、自分で好きなトッピングをのせて、冷蔵庫で冷やしている間に残りのツアーが進められ、ツアー終了後にチョコレートが手渡されます。

カラフルなトッピングがあるにもかかわらず、私のチョコレートはちょっと彩りに欠けますね… でもホテルへ戻ってからおいしくいただきました!

お土産ショップも隣接され、Hachez以外のチョコレートも買うことができ、たくさんの種類のチョコレートが揃っていました。

甘いチョコレートだけではなく、カカオを練り込んだパスタや、チョコレートがブレンドされたソルトやペッパー、ウォッカなどのお酒までありました。

こちらは、カカオを使ったボディークリームやソープ、シャンプーなど。ボディークリームを試してみましたが、たしかにチョコレートの香りがしました。カカオバターには保湿効果もあると聞いたことがあるので、美容効果も期待できるのかもしれませんね。

Hachezのパッケージの歴史が展示されていました。レトロな感じでこれも素敵ですね。

この日はハンブルクの子供達もたくさんいて、みんな楽しそうにオリジナルのチョコレートを作っていました。

大人から子供まで楽しめて、カカオ豆からチョコレートになるまでを学ぶことができる体験型ツアー。みなさんも世界に一つだけのオリジナルチョコレートを作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事: ドイツ・ハンブルクの旅ハンブルクの旅Prt.2 マラガ国際空港ハンブルクの旅 Prt.3 Hotel Atlantic Kempinskiハンブルクの旅 Prt. 4 “食べて、食べて、また食べて”ハンブルクの旅 Prt.5 “食べて、食べて、また食べて”@クリスマスマーケットハンブルクの旅 Prt.6 世界最大ジオラマテーマパークハンブルクの旅 Prt.7 フレンチビストロ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。ランキングに参加しているので、良かったら画像をクリックお願いします!

L1030272
“Danke..”