さて、またまたハンブルクの旅へ戻ります。まだまだご紹介したい場所がたくさんあるんです!もうしばらくお付き合いください。

鉄道模型が大好きな方はもちろん、そうでない方にも是非見ていただきたい、そんな場所を紹介します!ハンブルク港湾地区の倉庫街にあるMiniature Wunderland世界中の風景・情景を1/87スケールで再現している世界最大の鉄道模型レイアウト。2000年から最初の3ヶ所のセクションの建設が開始され、2001年8月に完成し、以降どんどん拡大していて、2015年の夏には、イタリアセクションが完成する予定のようです。ギネスブックにも登録されているそうですよ。

静止した模型というだけではなく、いろんな場所で人も電車も車や飛行機までコンピューターでプログラムされ、動くところがまた素晴らしかったです。

見てくださいこの細かさ。街全体のミニチュア版がそのまま再現されていて、通りにいる人々やルーフトップでくつろいでいる人々や、とにかく全てにおいて素晴らしく細かいです。数え切れないほどのシーンの中で様々なストーリーを見つけ出すというのも楽しみの一つですね。

遊園地や街の広場にはクリスマスツリーがあったり、コンサートに人々が集まっているシーンでは、スクリーンに映像も流れていました。小さな人形たちの表情やポーズは一人ずつ違っていて、ユーモアあふれるシーンがいっぱいです。この完成度の高さには脱帽です。

これは、サッカースタジアム。ゴールが入るとゴールシーンも映し出され、実際に試合が行われているかのようでした。

L1020943

次第に暗くなって夜の景色も見ることができます。写真のイルミネーションはラスベガスの街並みです。雪景色のセクションもあります。ジョウロから水が出ていますが、中もよく見てみてください。小さいな人がウォールクライミングをしています。(画像をクリックすると拡大できます)

スペースシャトルだって発射しちゃいます!

列車の運行は、すべてコンピューターで制御されていて、車、船、飛行機も、昼夜を繰り返す照明などもすべてコンピューターで管理されています。

下の写真が見えますか?建物が火事で燃えているんです。そこへ消防車たちが集まり消化活動を行っている最中で、この後ちゃんと鎮火するところまで再現されます。

L1020965このガラス張りのようなビルは、ボタンを押すと半分に開き、中から不思議な光景が。部屋の中での人々の暮らしぶりまでが見えます。奥の方には何やら人が真ん中に立ち、それを観衆が見ているといったシーン。本当にこの細かさは圧巻です!

パラシュートで降りているシーンも。その後ろでは飛行機が突っ込んでいますね。いろんな場所でいろんな事が起きていているので、より細かく見て行かないと見逃してしまいそうです!

L1020946空港にはANAの飛行機が離陸準備に入っているところです。ここでは各国の飛行機の離着陸も見られます。しかも、時刻表まであるのですから、本物さながらですね。

館内のカフェテリアの席はこんな風に電車の座席になっています。

L1020798
日本人ビジター 20289人!

入り口には来客数をカウントした表示板が設置されていました。

ハンブルクへ訪れた際には、是非行ってみる価値ありです!子供から大人まで、誰もが楽しめると思いますよ。混雑時には入場制限をされることもあるようですので、時間に余裕のない方は、事前に予約されることをお勧めします。予約はホームページからできます。

Miniatur Wunderland

Kehrwieder 2-4/Block D, 20457 Hamburg, Germany

Tel: +49 40 3006800

オープン時間は曜日によって違いますので、ホームページをご確認ください。

関連記事: ドイツ∙ハンブルクの旅ハンブルクの旅 Prt. 2 − マラガ国際空港ハンブルクの旅 Prt.3 Hotel Atlantic Kempinskiハンブルクの旅 Prt. 4 “食べて、食べて、また食べて”ハンブルクの旅Prt.5 “食べて、食べて、また食べて”@クリスマスマーケット

 

"Danke.."
“Danke..”