スペインへ来てから、お寿司なら”TA-KUMI“と周りの人々から言われ、一度行ってみようと思いつつなかなか行けなかったお店です。今回は、お寿司が大好きなロシア人の友人親子と娘と4人で行って来ました。

カウンター席とテーブル席が設けられ、シンプルな和モダンでまとめられた素敵な店内でした。日本人とスペイン人のオーナーがいらしゃるそうですが、月曜日はお休みだということで、お二人にはお会いできませんでしたが、今回はこちらの方々がお店にいらっしゃいました。日本人の寿司職人さんは、スペインでも活躍されているんですね。リュウさんもエミさんも、とっても気さくな感じで、少しでしたがお話ができて良かったです。

L1030706
リュウさん、エミさんとお店のスタッフ

ではお料理の紹介に移りましょう。突き出しに鮭の天ぷら。熱々の揚げたてでおいしかったです。

L1030696
鮭の天ぷら

次に刺身の盛り合わせを頼んだのですが、テーブルに運ばれて来た途端、すごい勢いでみんなで食べ始めてしまい、写真を撮り忘れた事に気付いた時には、既に刺身のつまと大葉が少し残っているだけとなっていました…

これは、子供用に持ちやすくお箸の端をゴムで巻いてある割り箸です。娘のお友達が使っていましたが、要するにお箸がバラバラにならず、トングのように挟んで食べられるということですね。工夫されていますね。
IMG_4423にぎりは、子供たちが好きなものを注文。どれもトロッとして柔らかくておいしかったです。

IMG_4424今回、子供たちに大人気だったネギトロ。追加して、また追加して結局ネギトロだけで計3皿注文しました。ロシア人ママも気に入った様子で、注文した料理の名前が載っているので、最後にレシートを丁寧に折りたたみ、次回来たら名前がわかるようにと持ち帰っていました。

IMG_4425中はきゅうりとエビ、外側に天かすが付いている巻き寿司。日本ではあまり見かけることがありませんが、海外のお寿司は、この裏巻き−海苔を内側にしてご飯を外側にして巻く− が必ずメニューにあります。

IMG_4429そして海外で有名なお寿司と言えば、カリフォルニアロール。カニかまとアボカドが入っています。これも子供たちに人気でした。

IMG_4428鮭の炙り。久しぶりに炙った魚のお寿司を食べました。とってもおいしく頂きました。

IMG_4427子供たちのデザートはチョコレートブラウニー。日本のお寿司屋さんでは見かけることがないようなデザートですね。これも、海外のお寿司屋さんならではのメニューですね。

IMG_4430お寿司の握り具合もちょうど良く、酢飯の味といい本来の日本の味を堪能できました。やはり日本人の寿司職人さんですね。この辺りでは、中国料理やその他のアジア系料理を一緒にしたレストランが、低価格でお寿司を提供しているお店が多く、挑戦したことがありませんでした。ここに来て、ようやく本物のお寿司が味わえることがわかり、今回来てみて良かったです。

他にも天ぷらやラーメンなどもあり、隣のテーブルではしゃぶしゃぶと思われるものを召し上がっていらっしゃいました。どれも質の高いお料理なので、お値段は決して安くありませんが、日本から遠く離れたスペインで本格的な日本食が食べられると思えば、たまには贅沢して足を伸ばしてみるのも良いかもしれないですね。次回は是非、お寿司が好きな夫も一緒に家族でお邪魔しようと思います。

TA-KUMI

Calle Gregorio Marañón, 4, 29602 Marbella, Málaga

+34 952 770 839

Open: 月曜日 − 日曜日

営業時間: 1:00pm – 4:00pm,  7:30pm-11:00pm

ランキングに参加しています。良かったら画像をクリックお願いします。

L1020990
“ありがとうございます。”