IMG_4102しつこいようですが、またクリスマスの話題です。ハンブルクの旅行記を書いたものの、年末年始といろんなイベントがあったので、時期が遅くなってしまいました。せっかく準備していたことですし、みなさんにも見ていただきたいので、公開することにしました。もう少しお付き合いください。

ハンブルクの街では、数カ所に分かれてマーケットが開催されていましたが、一番大きくて私たちのお気に入りのマーケットは、シティーホール前のこのマーケット。とにかくスイーツからチーズ、ワイン、ビール、サンドイッチ、ソーセージなど、クリスマスマーケット内でフルコースメニューを頂くことができます!もちろん、食べ物だけではなく、クリスマスツリーのオーナメントやランプ、おもちゃなど他にもたくさんありました。

ついつい食べ物の事ばかり話題にしてしまいがちですが、こんな素敵なオリーブの木で作られた器も売っていました。

これはNegerkuss(ネーガークス)。中にはマシュマロのようなものが入っていてチョコレートでコーティングされています。実はデンマーク発祥のスイーツで、デンマークでも大人気。昔デンマークに住んでいた頃に、大好きでよく食べていたことがあったので懐かしい味でした。

まだまだあります。やはりチョコレート関連のスイーツが多いですね。フルーツをチョコレートでコーティングしたスイーツもたくさんありました。私は食べませんでしたが、娘は、イチゴにチョコレートをコーティングしたものを気に入っていました。

キャベツのオアシス。なんとも斬新な技法ですね。

雨にもかかわらず大勢の人で賑わっていました。

そして私のお気に入りだったのは、こちら。筒状になったパンのような焼き菓子です。てっきりドイツのものかと思ったら、発祥地はハンガリーだそうです。その場で生地から作り、直径3cmほどの棒にぐるぐる巻きつけて焼きます。数分待つと焼きたてが取り出され、そのままシナモンシュガーやナッツなどのトッピングが入ったボックスの上で、バサバサと好みのトッピングを振りかけてくれます。そして棒から外し、そのまま袋に入れてくれます。おいしすぎて、3日連続買ってしまいました。病みつきになるおいしさです。

いろんな種類のスープもありました。このポテトとマッシュルームのスープもおいしかったです。他にも、レンティルのスープや野菜スープ、マッシュルームとチーズとベーコンのスープもありました。当時、気温は4度。雨がちの天気の中、こういうスープは温まるのでいいですね。

こんなユニークなチョコレートもありました。甘いスイーツが多い中、こちらは結構ビターなお味。錆びた感じが上手く出ていて、おもしろいアイデアです。

お土産になりそうなかわいいボックスのお菓子もたくさんありました。

ドイツだけでなく、スイスや北欧の国々の食べ物もたくさんありました。

これも私と娘のお気に入り。たこ焼き器のように、鉄板に丸くへこんだ部分がたくさんあり、ホットケーキミックスのようなものを流し入れて焼いていました。できあがりは、もちもちしていて、しかもアツアツなのでとっても美味。いくつでも食べられそうでした。

ハンブルクに滞在中、ほぼ毎日のようにいろんな場所のクリスマスマーケットを訪れました。ドイツのクリスマスを存分に味わえて、見て歩くだけでもウキウキするような、そんな素敵なマーケットでした。そして、またまた”食べて、食べて、また食べて”… 自分の胃袋がこんなに大きいとは知りませんでした。

 

関連記事: ドイツ・ハンブルクの旅ハンブルクの旅Prt.2 マラガ国際空港ハンブルクの旅 Prt.3 Hotel Atlantic Kempinskiハンブルクの旅 Prt. 4 “食べて、食べて、また食べて”

 

ランキングに参加しています。良かったら”くるみ割り人形”をクリックお願いします!

“Danke…”