L1020665ハンブルク旅行を紹介しようと思っていましたが、その前に、以前マラガへ行った時のことを書いたまま公開できていなかったので、まずそちらから紹介したいと思います。

エステポナからマラガへは車で1時間ほどです。マラガは、リゾート地コスタ デル ソルの中心でもあり、マドリードや、バルセロナ、セビリア、コルドバなどへ高速列車も走っています。

マラガと言えば、あのパブロ ピカソの出身地でもあり、ピカソ美術館があるので行ってきました。

こぢんまりとした美術館ですが、ピカソの孫とその母(ピカソの息子の妻)による寄贈で、約200点の作品を収蔵しているそうです。絵画だけではなく、お皿に絵が描かれたユニークな作品や、釘や粘土などを集めて作ったような作品など、興味深い作品がたくさんありました。親族が所有していただけに、より身近なピカソの世界に触れられる気がします。天井

そして注目するのはピカソの作品だけではなく、美術館に改装されたというこの建物にも注目です。16世紀の伯爵の邸宅で、レコンキスタ後の初めてのキリスト教徒の建造物だそうです。訪れる予定がある方は、是非、木製の窓枠や天井にも注目してみてください。写真は1階部分の天井です。自分では撮れなかったので、Carved Wood CellingsのHPで見つけました。こちらのHPには残念ながら載っていませんが、チケット売り場の天井は素晴らしく、凹凸感が凄いです!

ピカソ美術館の周辺には、アラブの城塞アルカサバ古代ローマ時代の劇場ビブラルファロ城などがあります。城壁を登るとマラガを一望できるようです。

それにしても、このローマ時代の劇場の入り口とされる、アーチの部分。あの時代に石を組み合わせただけで、こういう美しいアーチが作れるというのは、すばらしい技術ですね。

古代ローマ時代の劇場のすぐそばには、映画館がありました。新しい最近の映画だけではなく、古い映画も上映していたりして、ヨーロッパの映画文化を感じることができます。

マラガの最も重要な建造物の一つ、マラガ大聖堂

L1020657こちらは、ネオ バロック様式の黄色い建物、マラガ市役所です。

L1020557レゴで作れそうな建物のマラガ大学。なんだか可愛い建物ですよね。

L1020560オリーブオイルの専門店や、クリスマスの飾り付けがかわいいお店、おいしそうなお菓子が並んでいたり、街を歩いているだけでも、楽しみがたくさんです。

 

マラガ散策Prt.2では、とってもユニークなアンダルシアの魅力を満喫できるバルを紹介します!ランキングに参加しているので、良かったら画像をクリックお願いします。

“Gracias…”