先日宿泊した際の、ディナーの様子を紹介したいと思います。

L1020331ディナーは、ホテル内のステーキハウス”Alminar Wine & Steak Houseでいただきました。こちらでは、スペイン産のお肉料理や魚料理を楽しむことができます。夏季は、オープンテラスになり、屋外でも食事をすることができます。IMG_0059

とても落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと食事を楽しむことができるレストランです。IMG_0080

厳選されたワインの90%がスペイン産です。レストランと隣接しているバーには、日本のウイスキー、サントリーの山崎や白州、ニッカの余市や宮城峡もありました。IMG_9813普段からワインは、スペイン産をいただくことが多いので、今回はドイツのワインにしました。ワインを選ぶのはいつも夫です。私たちはピノノワールのように、軽く飲みやすいワインが好きなので、好みに合わせて選んでくれます。

L1020334前菜としてまず、ゴートチーズのサラダ。思っていたよりもゴートチーズが大きく、サラダのドレッシングもサッパリとしていて、チーズとの相性が良く、私好みのサラダでした。

L1020341次は、ウサギの肉とイカの煮込み。スペインでは、スーパーでもウサギの肉をよく見かけます。丸ごと売られていることもあり、スペインではよく食される肉の一つです。夫と娘が食べていたのを少しもらい、実際に食べてみると、ウサギと言われなければわからないほどで、鶏もも肉のような食感でした。イカと一緒にしっかり煮込んでいるので、とても柔らかく食べやすかったです。

L1020342

こちらは、オックステールのコンソメスープ。スペインでは、オックステールを使った料理をいろんなレストランで見かけます。お肉は噛む必要がないくらい柔らかく、味もしっかり染み込んでいて、コンソメスープもあっさりとした味で、とっても美味。

次は、真空調理されたラム肉。じっくりと低温度で長時間調理されているので、とても柔らかく肉の臭みがなく食べやすかったです。ソースは見た目が、かなりこってりとして見えますが、食べるとそれほどしつこくなく、おいしくいただくことができました。ただ、量が多くて一人では食べきれず、半分は夫の胃袋へ。L1020354
 娘は薄切りのステーキとフレンチフライ。
L1020353
メインディッシュが終わった時には、既にお腹がいっぱい過ぎて、デザート用の別腹さえもいっぱいだったので、今回のディナーはこれにて終了。ゆっくりと食事を満喫することができました。
ご予約やその他詳細については、ホテルまたは直接私にまでお気軽にお問い合わせください。
オープン: 月曜日〜日曜日 18:30〜23:00
ドレスコード: スマートカジュアル
Email: culinary.estepona@kempinski.com
Tel: +34 95 280 9500

最後まで読んでいただきありがとうございます。みなさんからのコメントや”いいね”が毎日の励みになっています。これからも楽しい話題をお届けしたいと思います。応援していただける方は、緑の扉をクリックお願いします!

''gracias...''
”gracias…”