雲から覗く朝日

最近、天気の良い日が続いていますが、朝夕は10度を下回り、めっきり冷え込むようになりました。でもこういう日は、空気が澄んでいて、気持ちがスッキリしますね。

こちらは、エステポナにあるシーフードのお店La Radaです。

この辺りのシーフードのレストランでは、こんな感じでガラスケースの中に、魚介類が並べられています。水槽にはロブスターもいます。

まず、私はスペイン産オイスターを。フランス産のものとは違い、少し苦味があるように感じました。

夫はムール貝。私も少し食べましたが、身も大きくプリプリしていて、とても美味でした。L1020137

ワインは、日本でも有名なスペインのリオハのワインをいただきました。こちらのワイン、アメリカの雑誌”ワインスペクテイター”から、高評価をもらった限定ワインだそうです。L1020131

そしてメイン。夫は舌平目のグリル。溶かしバターのソースを別に頼んでいました。こういうところは、やはりフランス人。どんな料理にもバターは欠かせません。舌平目のグリル

私は、ここへ来るといつも魚料理ばかりだったので、今日は少し違ったものをと思い、小イカを焼いたものにしました。ぷりぷりしていてとてもおいしかった……のですが。L1020140

このイカ、墨袋も入ったままなので、少しフォークで抑えるだけでこんな感じになります。そして、こんなイカを食べ慣れていない私は、この後とんでもないことをしてしまうのです。

L1020144

ナイフを刺した瞬間、イカ墨が辺り一面飛び散り、自分の服はもちろん、テーブルクロスに壁や床にまで墨が… 。慌てて辺りの汚れを拭き取る私の口も、べったりお歯黒状態… 。夫は呆れ顔で笑うだけ。

途中なんとかキレイに食べようと、取り繕ってはみたものの、結局、最後までこんな感じです。直接イカを触った覚えさえないのに、食べ終わってみると、なぜか爪の中まで墨が入っていました。

L1020147

お料理の味は別として、きっと私がこのタイプのイカを注文するのは、これが最初で最期でしょう。

最後は、絵面が悪くてすみません。みなさん、丸ごと小イカを食べる時は、墨袋に注意です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。より多くの方に読んでいただけるように”ブログランキング”に参加しています。これからも、楽しく読んでいただけるようなブログを目指して頑張ります。是非、緑の扉をクリックしていただき、応援よろしくお願いします!クリックするとブログランキンが確認できます。

”thank you..”